疲れにくいメガネって本当?

☎04-2949-3380
※スマートフォンでご覧の方は、電話番号をタッチ だけで電話がかけられます。

工程

 

1.視力測定・瞳孔距離測定

矯正度数は必要以上に強くしないことが大切です。視・生活の中で、何に1番不便を感じているか、どのようにメガネを使うか等、希望しているスタイルに合わせて測定します。

 

2. フレーム選び

チタンなどの軽い素材がおすすめです。小さなフレームが流行っていますが、長所・短所を充分説明してからご提案します。度数に合わせたフレーム選びは大切です。

 

3. レンズ選び

掛けたいフレームに対してのレンズ選びも注意事項です。硬質無反射プラスチックレンズが一般的ですが、職業によってはキズがつきにくいガラスレンズもおすすめします。

 

4. フレームの事前調整

お客様の顔巾測定、耳の奥行きに合わせてテンプル(メガネのつる)を曲げる部分を決定します。どなたも鼻に対してメガネの納まる定位置があります。その定位置は変えることはできません。メガネで合わせるのですが、頬とメガネの傾斜角度は大切です。メガネが頬にくっつきすぎたり、頬から浮きすぎたり、かなり高度な調整が必要です。

鼻の高さと広さに合わせた調整も必要です。

この角度は大切です。

広すぎると頬からレンズが浮いてしまい、また狭すぎると頬にくっついてしまいます。高度な調整が必要です。

 

5. アイポイントの測定

掛けた時の、瞳孔とレンズの中心を合わせることは、掛け心地を大きく左右します。

 

6. レンズカット

カットしすぎてはレンズが外れやすく、大きすぎるとレンズに歪みが出ます。極力スリムにさらに美しくカットすることに手抜きはできません。

 

7. 組み立て・点検

「フレームの事前調整」で測定したデータ通りの仕上がりかどうか、妥協はゆるしません。

 

 8. お渡し・点検

お客様に再度おかけいただき、もう一度装用感を含めキズがないか、汚れがないか点検・調整します。